相続問題の法律について

ビル

相続を期に、仲の良かった兄弟姉妹が険悪になることは少なくありません。
なぜ、そうなるのかというと、故人が遺言書を遺していなかったがために、それぞれが自分の遺産の取り分を主張して、裁判にまで発展することがあるからです。
仲の良かった家族がそのような関係にならないためにも相続問題には遺言書がとても有効です。
遺言書を作成しておけば、自分の死後も遺志を遺せますし、遺された家族が遺産の取り分で争うことも、ぐっと少なくなります。
そのために、生前に遺言書を書くことをおすすめいたします。
遺言書は自分でも作成することができますが、法律上の細かなルールがあるため、せっかく遺言書を作成しても効力を発しないということもあります。
そうならないためにも、法律の専門家である弁護士や司法書士に遺言書を作成依頼することが良い方法でしょう。
他にも公正証書を作るなどの方法もあります。
遺産が多ければ、税理士に相談するのもよいでしょう。


Menu

最新情報