相続問題を避けるために法律でできることは

ビル

相続は財産が絡むこともあり、親族間でのトラブルを招きがちです。
そこでこのような相続問題を避けるために、法律では遺言という制度を設けています。
遺言は書面により自らの意思を残しておくものです。
財産の分配方法をこの遺言で定めておくことによって、無用な相続トラブルの発生を防ぐことができます。
また特定の人に財産を譲りたい場合など、自らの願いどおりの相続を行いたい場合にも有効な方法です。
ただしこの遺言は法律で様式が定められており、その様式を満たしていない遺言については無効になります。
つまりいくら本人が作成していることが明らかでも、様式を満たしていない遺言は全て効力を失ってしまうのです。
そこでせっかくの遺言を無駄にしないためには、弁護士に依頼して一緒に作成するようにするといいでしょう。
法律に精通している弁護士であれば、しっかりとした効力を持つ遺言が作成できるのは言うまでもありません。
まずは気軽な気持ちで相談してみましょう。


Menu

最新情報