革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

負の遺産と相続放棄の手続きについて

ビル

相続問題と言うと、家族や親族が他界した場合に継承する遺産を連想しがちですが、遺産は必ずしも、金銭や土地などのプラスの財産とは限りません。
例えば、家族が借金を抱えて他界した場合も、残された家族や親族に相続の義務が生じます。
但し、このような場合は法律上の手続きに従って、相続を拒絶することが可能です。
これを相続放棄と言います。
相続放棄の手続きでは、まず、民法が定める法定相続人の範囲を確認することが重要です。
法定相続人には第1順位から第3順位までの優先順位があります。
例えば、私の父(被相続人)が他界した前提で説明すると、母(配偶者)は無条件に相続人となり、私と私の兄弟姉妹(子供)が第1順位者となります。
次に、父の両親または祖父母(直系尊属)が第2順位者になります。
そして、父の兄弟姉妹が第3順位者となります。
上位順位者が放棄してから下位順位者が放棄するのが原則ですが、同時に行なっても許容されます。
以上の法定相続人が、家庭裁判所において、「相続放棄申述書」および戸籍謄本などの必要書類を添付して提出します。
これが承認されると、相続放棄の手続きが完了して、晴れて、借金を相続することが免除されます。
なお、相続放棄の手続き期限は、原則として、被相続人の死亡が確認されてから3ヶ月以内です。

大阪のあらゆる遺品整理に対応!

オーケンのウォーターサーバーへ乗り換えのお申込み
毎月サーバーのメンテナンス費用がかかっている人なら利用してみて下さい。

最新情報

ほほえむ女性

相続問題の法律について

相続を期に、仲の良かった兄弟姉妹が険悪になることは少なくありません。
なぜ、そうなるのかという

葉っぱ

相続問題を避けるために法律でできることは

相続は財産が絡むこともあり、親族間でのトラブルを招きがちです。
そこでこのような相続問題を避け

ほほえむ女性

相続人の数と相続税の計算

家族が死亡すると、遺産は残された家族や親族が相続します。
遺産の相続については、遺言書に記述さ

髪を掻き上げる女性

相続問題が起こったらどこに相談すべきか

税金対策ブームの裏でトラブル増加中の相続問題。
人生で何度も体験する事ではありませんので、いざ