相続問題が起こったらどこに相談すべきか

ビル

税金対策ブームの裏でトラブル増加中の相続問題。
人生で何度も体験する事ではありませんので、いざ相続が起こると何から始めていいかわからない人も多くいます。
そのため専門家の力を借りるのも手ですが、弁護士、司法書士、税理士、行政書士など様々な専門家が「お任せください」と言っていて結局どこに頼めばいいのか、となってしまいますので、それぞれの大まかな特徴を押さえましょう。
まず弁護士は争いを解決するのが仕事なので、モメて泥沼化しそうな場合に依頼すると良いでしょう。
司法書士は法律の専門家という意味では弁護士と同じですが、登記がメインになるので遺産の中に不動産が多い場合にうってつけです。
また法改正により少額(訴額140万円まで)なら裁判に出廷することもできるようになりました。
税理士は読んで字のごとく税金の専門家です。
行政書士は遺言書の書き方や遺産分割協議書の書き方など書類作成の専門家です。
代理人になれないので、依頼者とは立会人という形で関わることになります。


Menu

最新情報